feed Subscribe to feed
pic
27. 11
2013

モビットで、返済できなくなったらどうなりますか?また、どうしたら良いですか?

Written by: pj - Posted in: 未分類 -

初めて消費者金融などのキャッシングサービスを利用する人にとっては、返済しきれなかったときのことを心配しているケースが多いようです。

 

現在では、一昔前のような高金利での貸し付けは厳しく制限されていますので、多重債務者となってしまったりするリスクは少なくなっていると思います。

 

しかし、それでも万が一のときに、「自分はどうなってしまうのだろう?」ということは理解しておいて良いと思います。

 

一般的には、借金の返済ができなくなってしまったときには、「自己破産するしかない」と考えていると思いますが、返済しきれないほどの借金を整理する方法は、自己破産以外にもいくつかあります。

 

これは、債務整理という方法になりますが、債務整理には、「自己破産」「特定調停」「任意整理」「個人再生」の4つの方法があります。

 

この中で最もよく行われているものは、任意整理と個人再生の二つになります。
任意整理は、弁護士に間に入ってもらい、貸金業者側との交渉を行うことで、借金の元金の圧縮と利息の免除をしてもらうことになります。

 

また、個人再生は裁判上の手続きになりますが、借金の残高を1/5~1/10にまで圧縮してもらう手続きになります。

 

いずれも弁護士に依頼することになりますが、弁護士が介入したときには、毎月の返済なども一時的にストップすることになりますので、その間に弁護士費用を準備するのが一般的となっています。

 

このように、モビットからお金を借りて、万が一返済できなくなってしまったときに、救済してもらう手続きは充実していますので、大きく心配する必要はありません。

 

もちろん、借金が返済しきれなくなってしまったからといって、家族や職場に、その事実が知られてしまう危険性もほとんどありませんので安心です。

 

しかし実際には、改正貸金業法の施行によって大幅に貸付金利が下がったことで、返済できなくなってしまうリスクよりも、自由にキャッシングすることができるメリットの方が目立つようになっています。

 

モビットの申込みは、パソコンや携帯電話などを使ってインターネットで簡単に申込みをすることができます。

 

全国で約30万人が支持するサービスとなっていますので、安心して申込んでいいのではないでしょうか?
もちろん、モビットは、三菱東京UFJ銀行系の会社になりますので、違法な取立て・金利による被害の心配はありません。

 

モビットでキャッシングができるようになると、必要な時にコンビニからお金の出し入れができて便利になりますよ。

27. 11
2013

カードローンの安全性

Written by: pj - Posted in: 未分類 -

カードローンの安全性について疑問を持つ人も少なくはありません。お金というのは時に恐怖を感じることさえあるのです。一般的に心配されるのが、知らず知らずの間に借入れ額が増えてしまったり、利息が大幅に増加してしまうのではないかという不安に駆られるケースが多くなっています。特に、時代をさかのぼればさかのぼるほど、借入れに対するイメージが悪い時代でした。近年になってやっと、利息の限度額が設定されたり、借入れ額に限度を設けたりと、環境が整備されているのです。そのため、昔の金融商品というと、最後の一手として利用していた背景があります。そんな金融商品をより安全かつ身近なものにしたのが、無人機の登場です。人件費を大幅にカットすることに成功したこの無人機の登場で、金融業界に参入する企業が増えました。そのため、その分利用者にとっては、選ぶバリエーションが増え、より安全で利用しやすいカードローンが登場したというわけです。そのため、近年のカードローンというのは、とても安全であるということが言えるのです。その安全性を確保するために、個人情報に関する保護法がしっかり整備されていることが、大きな役割を果たしています。個人情報に関する保護法は、利用の際に、規約にしっかり明記されています。当然、カードローンを利用する際には、名前や生年月日をはじめとした、個人情報が必要になってきます。そのため、その情報が悪用されないかという心配が、金融商品の利用であるからこそ、より大きいものになっているのです。金融商品を利用したがばかりに、別の金融業者からの勧誘があっては利用するのを踏みとどまってしまうのです。そこで、利用規約に必ず、本商品の利用以外での個人情報の使用はしません、といった内容が含まれているのです。そうすることで、万が一個人情報の漏洩があった場合は、損害賠償を請求することが可能になっているのです。個人情報は守られる時代になっているのです。そのため、利用の際は、規約に個人情報に関する取り扱いが明記されているかどうかを確認することで、安心してカードローンを使用することができるのです。もしその確認を怠ってしまうと、安全なカードローンの利用ができなくなってしまうのです。金融商品を利用するということは、冷静さに欠けてしまっている場合が多く存在します。そのため、契約の際こそいかに冷静な判断ができるかというのがとても重要になってくるのです。

27. 11
2013

モビットはここに注意!

Written by: pj - Posted in: 未分類 -

モビットでキャッシングをした場合、返済の際には注意する点が3つあります。

 

クレジットカードなどでは毎月の返済日は決まっていますが、モビットの場合は返済日を利用者が設定します。毎月5日、15日、25日、末日の中からどれか1日を設定するのですが、給料日後のお金に余裕のある日にちを選ぶのが一番無難です。

 

返済日に関わらず、追加返済も自由なのがモビットの特徴です。前倒しで返済すれば利息も少なくなりますから、返済日以外でもお金に余裕がある時は追加返済をしていきましょう。

 

そしてモビットでは、借り入れ日と返済日の設定によって初回返済日が変わってきます。例えば1日~19日の間に借り入れて返済日を毎月5日に設定した場合は、借り入れ日の翌月5日が初回返済日です。しかし20日~末日の間に借り入れた場合は、初回返済日が翌々月5日となります。

 

返済までの期間が長いということは、それだけ利息も付くということです。何より初回返済日を勘違いしたりする事がないように、ここは事前にきちんと確認しておきましょう。

 

そしてモビットの返済額についてです。モビットの返済は毎月定額で返済計画が立てやすいのがメリットですが、返済最低金額の設定は、最終借り入れ後の残高で変わってきます。

 

最終借り入れ残高が40万以上50万以下の場合、モビットでは月々の返済最低金額を1万3千円と定めています。そのため残高が41万円でも50万円でも、返済額は同じ1万3千円です。これはモビットが、「借入後残高スライド元利定額返済方式」という方式を取っているためなのです。

Search this blog

Tag cloud